› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1472年 › 1472年 源氏物語の解説書『花鳥余情』完成

2015年02月05日

1472年 源氏物語の解説書『花鳥余情』完成

トップ > サイトマップ >


icon51 1472(文明4)年の出来事





1472年 源氏物語の解説書『花鳥余情(かちょうよせい)』完成


花鳥余情(かちょうよせい、かちょうよじょう)

一条兼良(いちじょうかねら)による源氏物語の注釈書。

一条兼良は公家として最高の位置(公卿)にありながら、古典学者としても才能を発揮。

1467年に応仁の乱が勃発すると一条室町の邸宅と書庫『桃花坊文庫』が焼失。一条兼良は翌年8月に子の尋尊を頼り奈良興福寺大乗院に身を寄せる。奈良で『花鳥余情』を完成させる。

一条兼良は当時の人々から『日本無双の才人』と称された。





一条兼良の生涯と室町文化



同じカテゴリー(1472年)の記事画像
1472年 医学書『霊蘭集』完成
1472年 朝倉孝景が越前を支配
1472年 【応仁の乱】西軍の和平案を東軍が拒否
同じカテゴリー(1472年)の記事
 1472年 医学書『霊蘭集』完成 (2015-02-06 11:11)
 1472年 朝倉孝景が越前を支配 (2015-02-04 11:11)
 1472年 【応仁の乱】西軍の和平案を東軍が拒否 (2015-02-03 11:11)