› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1485年 › 1485年 山城の国一揆勃発

2015年07月03日

1485年 山城の国一揆勃発

トップ > サイトマップ >





1485年 山城の国一揆勃発


山城国南部(京都府南部)で国人と呼ばれる土着の武士と農民たちを中心とした大規模な一揆。


応仁の乱の終結後も各地で守護大名同士の小競り合いは続いていた。

山城国南部では応仁の乱の原因のひとつともなった畠山政長と畠山義就との家督争いが続いており、この年の10月以来、両軍が対陣してこう着状態となっていた。

これに迷惑していた国人、農民たちは宇治の平等院に集まり評定をもった。この評定が『国中掟法』を取り決め、両軍への撤退を要求。受け入れられなければ武力闘争も辞さない構えを見せた。

両畠山家はこれを受け入れ撤退。

山城国南部では以後8年間にわたって、一揆指導者らによる自治的支配が行われた。



【応仁の乱の背景】管領・畠山家の後継問題
【応仁の乱】1477年11月20日、11年におよび応仁の乱終結



同じカテゴリー(1485年)の記事画像
1485年 芸阿弥(げいあみ)死去
1485年 太田道灌が万里集九を江戸城に招待
1485年 近畿地方で土一揆が続出
1485年 元興寺(がんこうじ)前で馬市が開催
1485年 大内政弘が撰銭令(えりぜにれい)を制定
同じカテゴリー(1485年)の記事
 1485年 芸阿弥(げいあみ)死去 (2015-07-02 06:41)
 1485年 太田道灌が万里集九を江戸城に招待 (2015-07-01 06:40)
 1485年 近畿地方で土一揆が続出 (2015-06-05 11:11)
 1485年 元興寺(がんこうじ)前で馬市が開催 (2015-06-04 11:11)
 1485年 大内政弘が撰銭令(えりぜにれい)を制定 (2015-06-04 11:11)

Posted by 夢子 at 06:55 │1485年