› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1484年 › 1484年 吉田兼倶が斎場所大元宮を造営

2015年05月29日

1484年 吉田兼倶が斎場所大元宮を造営

トップ > サイトマップ >



icon51 1484(文明16)年の出来事





1484年 吉田兼倶が斎場所大元宮を造営



神道家・吉田兼倶(よしだかねとも)が吉田神社(京都府京都市)に八百万の神をまつる唯一神道の信仰の中心地として斎場所大元宮(さいじょうしょだいげんきゅう)を造営した。

この造営に関して、日野富子は100貫文という巨額の寄進を行なった。






同じカテゴリー(1484年)の記事画像
1484年 細川高国(ほそかわたかくに)誕生
1484年 日記『蔗軒日録(しょけんにちろく)』記述開始
1484年 国語辞書『温故知新書(おんこちしんしょ)』完成
1484年 堺の自治組織『会合州(えごうしゅう)』誕生
1484年 足利義尚が日野富子と和解し小川御所に移住
1484年 清水寺本堂の再建工事完了
同じカテゴリー(1484年)の記事
 1484年 細川高国(ほそかわたかくに)誕生 (2015-06-03 11:11)
 1484年 日記『蔗軒日録(しょけんにちろく)』記述開始 (2015-06-02 11:11)
 1484年 国語辞書『温故知新書(おんこちしんしょ)』完成 (2015-06-01 11:11)
 1484年 堺の自治組織『会合州(えごうしゅう)』誕生 (2015-05-28 11:11)
 1484年 足利義尚が日野富子と和解し小川御所に移住 (2015-05-27 11:11)
 1484年 清水寺本堂の再建工事完了 (2015-05-26 11:11)