› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1477年 › 1477年 菊池重朝が儒教の儀式『釈奠』を再開

2015年03月12日

1477年 菊池重朝が儒教の儀式『釈奠』を再開

トップ > サイトマップ >



icon51 1477(文明9)年の出来事




1477年 菊池重朝が儒教の儀式『釈奠』を再開




菊池重朝(きくちしげとも)

※肥後の守護大名
※菊池氏の第21代当主



釈奠(せきてん)

※孔子をまつる儀式
※日本では701年から行われていたが、応仁の乱で中止に。
※菊池重朝が臨済宗の僧・桂庵玄樹(けいあんげんじゅ)を招いて釈奠を復活



同じカテゴリー(1477年)の記事画像
1477年 史記注釈書『史記抄(しきしょう)』完成
1477年 大内政弘が明の水牛を後土御門天皇に献上
1477年 応仁の乱終結
1477年 日野富子が高利貸し開始
1477年 源氏物語解説書『源語秘訣』完成
1477年 広橋綱光(ひろはしつなみつ)が死去
同じカテゴリー(1477年)の記事
 1477年 史記注釈書『史記抄(しきしょう)』完成 (2015-03-20 11:11)
 1477年 大内政弘が明の水牛を後土御門天皇に献上 (2015-03-19 11:11)
 1477年 応仁の乱終結 (2015-03-18 11:11)
 1477年 日野富子が高利貸し開始 (2015-03-17 11:11)
 1477年 源氏物語解説書『源語秘訣』完成 (2015-03-16 11:11)
 1477年 広橋綱光(ひろはしつなみつ)が死去 (2015-03-13 11:11)