› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1476年 › 1476年 兼顕卿記(かねあききょうき)記述開始

2015年03月03日

1476年 兼顕卿記(かねあききょうき)記述開始

トップ > サイトマップ >



icon51 1476(文明8)年の出来事




1476年 兼顕卿記(かねあききょうき)記述開始


公家の広橋兼顕(ひろはしかねあき)が日記『兼顕卿記(かねあききょうき)』 の執筆を始めた。

この日記には応仁の乱が終結するころの朝廷と室町幕府の関係や京の様子が詳細に書かれている。


同じカテゴリー(1476年)の記事画像
1476年 足利将軍家邸宅『室町殿(むろまちどの)』焼失
1476年 尚円王(しょうえんおう)が死去
1476年 長尾景春(かげはる)の乱が勃発
1476年 連歌選集『竹林抄(ちくりんしょう)』完成
1476年 遣明船(けんみんせん)が初めて堺から出発
1476年 今川義忠(よしただ)が死去
同じカテゴリー(1476年)の記事
 1476年 足利将軍家邸宅『室町殿(むろまちどの)』焼失 (2015-03-11 11:11)
 1476年 尚円王(しょうえんおう)が死去 (2015-03-10 11:11)
 1476年 長尾景春(かげはる)の乱が勃発 (2015-03-09 11:11)
 1476年 連歌選集『竹林抄(ちくりんしょう)』完成 (2015-03-06 11:11)
 1476年 遣明船(けんみんせん)が初めて堺から出発 (2015-03-05 11:11)
 1476年 今川義忠(よしただ)が死去 (2015-03-04 11:11)