› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1471年 › 1471年 能阿弥死去

2015年01月29日

1471年 能阿弥死去

トップ > サイトマップ >


icon51 1471(文明3)年の出来事





1471年 能阿弥(のうあみ)死去


能阿弥(のうあみ)  姓は中尾、名は真能(さねよし)

室町時代の水墨画家、連歌師、茶人

生誕  応永4年(1397年)
死没  文明3年(1471年)

元は越前・朝倉氏の家臣だったが、足利義政ら3代の将軍に仕えた。

水彩画では子の芸阿弥(げいあみ)、孫の相阿弥(そうあみ)とともに『三阿弥(さんあみ)』と称され、阿弥派という水墨画の一派を形成した。『花鳥図屏風』や『白衣観音図』などの作品を残す。

連歌では『宗祇の七賢(そうぎのしちけん)』の一人に挙げられ、北野天満宮の連歌奉行も務めた。

茶道においては、書院飾りの完成、台子飾りの方式の制定などを行い、小笠原流の礼法を参酌して今日に伝えられているような茶の点て方を考案した。




将軍家の「唐物」鑑定家・能阿弥



1469年 能阿弥の『花鳥図屏風』完成


同じカテゴリー(1471年)の記事画像
1471年 申叔舟の外交史書『海東諸国紀』が完成
1471年 桜島大噴火(文明の大噴火)
1471年 蓮如が布教拠点として吉崎御坊を建立
1471年 東常縁が宗祇に古今和歌集を伝授
同じカテゴリー(1471年)の記事
 1471年 申叔舟の外交史書『海東諸国紀』が完成 (2015-02-02 11:11)
 1471年 桜島大噴火(文明の大噴火) (2015-01-30 11:11)
 1471年 蓮如が布教拠点として吉崎御坊を建立 (2015-01-28 11:11)
 1471年 東常縁が宗祇に古今和歌集を伝授 (2015-01-27 11:11)