› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1469年 › 1469年 醍醐寺で農民滅亡を祈る読経敢行

2015年01月19日

1469年 醍醐寺で農民滅亡を祈る読経敢行

トップ > サイトマップ >


icon51 1469(文明元)年の出来事





1469年 醍醐寺(だいごじ)で農民滅亡を祈る読経敢行

貞観16年(874年)、聖宝により創建。

豊臣秀吉による『醍醐の花見』の行われた地として有名。



文明元年(1469年)、農民たちが年貢の半減を要求して一揆を起こし、醍醐寺の領地を占拠。僧たちは武装して立ち向かうが鎮圧に失敗。

武力でだめなら仏の力を頼るしかないと、農民たちの滅亡を祈る読経を敢行。すると半年後に一揆を起こした農民たちが次々と疫病にかかり死亡。



醍醐寺(だいごじ)
京都府京都市伏見区醍醐東大路町22







同じカテゴリー(1469年)の記事画像
1469年 能阿弥の『花鳥図屏風』完成
1469年 応仁の乱が九州地方に拡大
1469年 雪舟が明(中国)から帰国
1469年 古市澄胤が淋汗茶湯を開催
1469年 斎藤妙椿が略奪した郡上郡を東常縁に返還
同じカテゴリー(1469年)の記事
 1469年 能阿弥の『花鳥図屏風』完成 (2015-01-20 11:11)
 1469年 応仁の乱が九州地方に拡大 (2015-01-16 11:11)
 1469年 雪舟が明(中国)から帰国 (2015-01-15 11:11)
 1469年 古市澄胤が淋汗茶湯を開催 (2015-01-14 11:11)
 1469年 斎藤妙椿が略奪した郡上郡を東常縁に返還 (2015-01-13 11:11)