› 応仁の乱~戦国乱世を可愛らしく表現 › 1468年 › 1468年 木綿販売で小物座と布座が衝突

2015年01月07日

1468年 木綿販売で小物座と布座が衝突

トップ > サイトマップ >


icon51 1468(応仁2)年の出来事






1468年 木綿販売で小物座と布座が衝突

興福寺の管轄下で木綿の販売権をめぐって小物座と布座が衝突。

当時、木綿は輸入されるようになったばかりで、どこの座が販売するのか決まっておらず、小物座と布座が独占権を主張したためもめることに。この揉め事は楽座楽市ができるまで約100年続いた。





法相宗大本山 興福寺
奈良市登大路町48番地

興福寺は平城京遷都の710年に藤原氏の氏寺として建立された。藤原氏の勢力が大きくなるにつれて興福寺も勢力を増していった。

1180年の平氏の焼討ちで、堂塔はことごとく焼けてしまい、10年以上かけて再建。しかし、その後も度重なる火災によって再建を繰り返す。



同じカテゴリー(1468年)の記事画像
1468年 関白の一条兼良(いちじょうかねら)が戦渦を逃れ京を脱出
1468年 宗祇の旅日記『白河紀行』完成
1468年 心敬の随筆本『ひとりごと』完成
1468年 金春禅竹(こんぱるぜんちく)の『猿楽縁起(さるがくえんぎ)』完成
同じカテゴリー(1468年)の記事
 1468年 関白の一条兼良(いちじょうかねら)が戦渦を逃れ京を脱出 (2015-01-09 11:11)
 1468年 宗祇の旅日記『白河紀行』完成 (2015-01-08 11:11)
 1468年 心敬の随筆本『ひとりごと』完成 (2015-01-06 11:11)
 1468年 金春禅竹(こんぱるぜんちく)の『猿楽縁起(さるがくえんぎ)』完成 (2015-01-05 11:11)